トップページ >  > 髪に悪いシャンプーの代表的成分まとめ

髪に悪いシャンプーの代表的成分まとめ

あなたの使っているシャンプー、もしかしたら髪に悪い成分が入っているかも? 今回は髪に悪いシャンプーの代表的成分についてまとめてみました。

ラウレス硫酸は頭皮には危険な成分

シャンプーを使用する場合に泡立ちがよく洗浄力が強ければそれだけ汚れも落ちやすく良いシャンプーだと感じるかも知れませんが、実際にはシャンプーの強すぎる洗浄力は髪や頭皮を傷めてしまう原因となります。

洗浄力と言うのは適度なものが理想であり、必要とされる皮脂などを根こそぎ取り去るものはNGとなります。

その洗浄成分の中でもラウレス硫酸ナトリウムは特に洗浄力が強い成分となっているため、もしシャンプーに入っていた場合はそのシャンプーは使用しないほうが良いでしょう。

洗浄成分がやさしい女性用アミノ酸シャンプーの比較表はこちら



ラウレル硫酸が配合されていたら避けるべき

ラウレス硫酸ナトリウムと肩を並べる危険な成分にラウレル硫酸ナトリウムがあります。
このラウレル硫酸ナトリウムに関しても合成界面活性剤と呼ばれる成分であり、強い洗浄力で汚れを落とすことが出来ます。

しかし頭皮や髪に対しては刺激が強すぎるという問題もあり、 肌の弱い人などは頭皮湿疹や炎症を引き起こす原因となりますし、髪の毛の乾燥を進行させてしまう元となる成分といえます。

基本的に合成界面活性剤と呼ばれる成分に関しては、頭皮や髪に与えるダメージが大きく、 安価なシャンプーにはほとんど配合されている成分ですので注意しなければいけません。


アルコール成分も髪には良くない

一般的に高級アルコールシャンプーと呼ばれるシャンプー全般は髪や頭皮を傷めやすいシャンプーといえます。

高級アルコールといっても決して良い成分ではなく、簡単に言えば石油から作られたシャンプーの事を指します。

別名石油系シャンプーと呼ばれるシャンプーには様々な刺激の強い成分が配合されており、洗浄力の強さをウリにしていると言う特徴があります。

ラウレル硫酸やラウレス硫酸もこのアルコール成分に含まれるもので、他にもラウレス硫酸アンモニウムやポリオキシエチレンラウリルエーテルといった成分なども配合されています。

シリコンは髪に悪影響を与えることも

髪の毛を洗った後に指どおりを良くする効果のあるシリコンですが、このシリコンも髪や頭皮にダメージを与えることがあります。

シリコンは髪の毛に付着してさらさらな状態にしてくれたりドライヤーの熱から髪を守ることも出来ますが、シリコンが残ったままになってしまうと頭皮にある毛穴が詰まってしまうといった問題も起きてしまいます。

それにより抜け毛が増えるなどのトラブルも引き起こされますのでシリコン配合のシャンプーも注意をする必要があります。


着色料や香料成分は不必要

シャンプーの中にはきれいな色や良い香りのするものも多いですが、髪の毛を洗う際にはその着色料や香料という成分は不必要なものといえます。

着色料も香料も人工的に作られた成分を添加しているため肌の弱い人には悪影響を与える成分であり本来シャンプーに必要な洗浄には一切関係の無い成分となります。

そのため香りをウリにしているシャンプーなどは避けるほうが安全だと言えますし、色に関しても出来るだけ無色のものを選ぶほうが良いでしょう。

刺激性の強い保存料や防腐剤が入っている場合は危ない

頭皮や髪の毛に優しいシャンプーはアミノ酸系や石鹸系シャンプーですが、これらのシャンプーには多くの場合保存料が含まれていません。

保存料や防腐剤という成分はシャンプーを腐らせないために配合されており、アルコールやパラベンなどがその代表的な成分となります。

この保存料や防腐剤はシャンプーを腐らせないためには効果の高いものですが、 頭皮や髪にとってはダメージとなる成分のため、 出来るだけ保存料などが含まれているシャンプーは使用しないほうが良いでしょう。





髪にとって必要な成分のみを配合した女性用アミノ酸シャンプーの比較表はこちら



シャンプー選びは成分を比較することが一番大切

健康で艶やかな髪は女性の憧れですね。 そんな美しい髪を手に入れたいのなら、シャンプー選びはとても重要です。

シャンプーを選ぶとき、何に重点を置いているでしょうか。 触り心地、香り、泡立ち、知名度、口コミなどという人も多いと思いますが これらはよいシャンプー選びの基準にはなりません。

シャンプーを選ぶとき、最も重要なのは成分です。 中でもシャンプーの良し悪しを決めるのが界面活性剤です。 界面活性剤は、洗浄剤であり、どんな成分を使っているかによって、 そのシャンプーの性質がわかるのです。

現在、髪によいといわれているのがアミノ酸系シャンプーです。 アミノ酸系の洗浄成分が使われているため、石油系などの刺激が強く お肌や髪にダメージを与えるものとは異なり、優しく低刺激なところが特徴です。

けれども、中には石油系界面活性剤にアミノ酸がごく少量しか配合されていないのに アミノ酸系シャンプーと謳っている商品も少なくないのです。 ですから、選ぶとには成分をよく比較することがとても大切です。

シャンプーは成分が多く配合されている順番に記載されているので 最初にアミノ酸系の界面活性剤が記載されているものを選びましょう。 インターネットを利用して、界面活性剤、刺激性の強い保存料・防腐剤の名前をいくつか覚えておくと 選ぶときの目安になっていいですね。

60種類の女性用アミノ酸シャンプーの全成分を鑑定しました。本当にいいアミノ酸シャンプーは?

アミノ酸シャンプーなら、悪い成分だけでなく、良い成分も見てみる

アミノ酸シャンプーなら、悪い成分がなく、良い成分がたっぷりのものがベストです。
最近では、悪い成分がないだけではなく、良い成分がたっぷり入っている良質なアミノ酸系シャンプーも出てきています。

良い成分というのは、頭皮や髪にいいスカルプ(育毛)成分です。
スカルプ(育毛)成分が、たっぷり入っているアミノ酸シャンプーが主に国産の通販では出てきました。


まだ、ドラッグストアなどの市販は、商品は有名だけど、成分は微妙なものがほとんどなのが現状です。

ドラッグストア系のシャンプーは、洗浄成分やスカルプ(育毛)成分よりも、一般ウケする「香り」「泡立ち」「洗い上がり感」にもっとも力をいれているため、 悪い成分が多く、良い成分が少なくなる傾向にあります。

こういった市販のシャンプーよりも 良質な国産アミノ酸系シャンプーと出会えると、10年後も20年後も若々しい髪でいられますよ。

シャンプーだけなく、トリートメント・コンディショナーも悪い成分は避ける!

多くの人が、シャンプーだけなく、トリートメント・コンディショナーも使っていると思います。

シャンプーは、せっかく良質なものをチョイスしたのに、トリートメント・コンディショナーは悪い成分だらけ、では 意味がありません。

上で紹介した悪い成分の内容は、洗浄成分の項目を除けば、トリートメント・コンディショナーにもすべて当てはまります。

トリートメント・コンディショナーの場合は、カチオン界面活性剤というラウレス硫酸の50倍の刺激性のある成分が入っているものがほとんどです。

ですので、「トリートメント・コンディショナーは絶対に頭皮につけてはいけない」といわれていますが、意外と多くの人が 頭皮にも少しくらいはつけてしまっています。

こういった人は、髪や頭皮に悪い成分が入っていないトリートメントを選んだほうがいいでしょう。






-------------------------------------------------------
更新日:2018/09/28


シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

ハーブガーデンを体験!

ハーブガーデンシャンプーの成分解析!分析評価と口コミレビューは?

体験レポートはコチラ
haruシャンプーを体験!

haruシャンプーは白髪に効果は?口コミレビューは?

体験レポートはコチラ

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係