トップページ >  > ノンシリコンシャンプーの「ノンシリコン」ってどういう意味?

ノンシリコンシャンプーの「ノンシリコン」ってどういう意味?

ノンシリコンってなに?

最近よく耳にしたりCMなどでも見かける「ノンシリコンシャンプー」。 何となくわかっているようで実はきちんと理解している人は少ないのかもしれませんね。

ノンシリコンとはシリコンが入っていないという意味です。 では、シリコンとはどのようなものなのでしょうか。 シリコンとは、化学反応によって作られた人工物であり、 スキンケアからヘアケアまで幅広く使われています。

主な作用はコーティングです。 ですから、シリコン入りのシャンプーやヘアケア用品を使うとキューティクルを コーティングしてくれるので、手触りが断然よくなります。 滑らかな触り心地でツヤも出してくれるので、 ほとんどのシャンプー、コンディショナー、リンス、トリートメントなどに配合されています。

けれども、シリコンは髪をコーティングするだけでキューティクルを補修したり、 保湿効果があるわけではありません。 そのため、シリコン剤に頼ったヘアケアを続けることで 髪のダメージを進行させることにもなりかねません。 シリコン入りヘアケア用品は最初はいい感じだったものが 使い続けることでだんだんと仕上がりが悪くなってくるのが特徴です。

また、シリコンは頭皮に蓄積し、毛穴を詰まらせることもわかっています。 そこで最近注目されているのがシリコン剤を配合しないタイプの「ノンシリコン」だというわけです。

ノンシリコンのシリコンって何?

今まで女性が使っていた髪の毛を洗うシャンプーやトリートメントには、「シリコン」といわれている成分が配合されていました。 シリコンには、『シロキラシン』『シリカ』『シリル』『シラン』『ジメチコン』『シクロメチコン』などの成分がありますから、1つではなくていくつもの成分がシリコンにもあるのです。

シリコンは、女性の髪の毛を柔らかくしたりコシを持たせたりする働きがありました。 「髪の毛を美しくしたい!」 と思う時には、欠かせない成分がシリコンでした。

シリコンは化学系・石油系の成分ですから、毎回のシャンプーに使ったら、女性の髪の毛や地肌にはよくないこともおこるのです。 例えば、シリコンが入ったシャンプーやトリートメントを使っていたら、頭皮がかゆくなったり、湿疹ができてしまう方もいます。

さらに、シリコンがダメージをうけたキューティクルに張り付いて、キューティクルがはがれてしまうこともおこります。 そうなったら、キューティクルが正常に補修されなくなって、髪の毛が余計に傷んでしまうのです。 美容界のトレンドでは、シリコンが配合されたシャンプーではなくて、ノンシリコン系のシャンプーやアミノ酸シャンプーが人気になっていますから、あなたも使ってみたらいいかもしれません。

ノンシリコンシャンプーって何?

従来、女性が好んで使ってきたシャンプーは、シリコンが入ったタイプのシャンプーです。 「シリコンが入ったタイプのシャンプーは、髪の毛が傷んだり、地肌にもよくない影響がある!」 ということから人気が落ちています。

その代わりに、人気になって女性で使っている方が増えてきた商品は、ノンシリコンシャンプーです。 ノンシリコンシャンプーはシリコンが配合されていませんから、今までシリコンが入っていたせいで、髪の毛が傷んだりかゆくなったりした方にはいいシャンプーといわれています。

シリコンが入った従来のシャンプーは髪の毛の表面をシリコンでコーティングして、髪の毛をきれいに見せる商品でした。 シリコンの美髪の効果は、髪の毛の表面上はツルツルに見えるのですが、髪の毛の奥には浸透しないため、効果がないので美髪にはならないのです。

逆に、髪の毛の毛穴にシリコンがつまって、毛穴の状態が悪化してしまうこともありました。 例えば、フケが増えてきたり、くさくなったりすることも多かったのです。 おしゃれやヘア・ケアーに敏感な女性たちはシリコンタイプのシャンプーではなくて、ノンシリコンシャンプーやアミノ酸シャンプーを使う方法に切り替えています。

シリコンは髪に悪い成分なの?

美容業界のトレンドでは、ノンシリコンシャンプーが大人気になっています。 最近では、シリコンが入ったシャンプーは、すっかり人気がなくなって、 「悪いもの!」 というイメージになっていました。

はたして、そんなにもシリコンシャンプーは、よくないものなのでしょうか?

シリコンは髪の毛の表面をコーティングして、つやつやにして見せてくれます。 つまりは、車のワックスのような働きがシリコンにはあるのです。 従来のシャンプーにはだいたい含まれていて、シリコンのおかげで美髪になれた方も多かったはずです。 「シリコンがよくないもの。」 と決めてしまうのは正しくありません。

シリコンは化学的な石油成分ですから、天然由来成分ではありませんので、女性の地肌があれたりかぶれたりすることもおこりやすいのです。 化学的な石油成分は人気がなくて、女性の髪の毛や地肌に優しくて、低刺激の商品が人気になっていく傾向です。 石油系・化学系のシリコンシャンプーではなくて、天然由来成分のノンシリコンシャンプーやアミノ酸シャンプーに支持が集まっています。

ノンシリコンシャンプーって何がいいの?

今までシリコン入りシャンプーを使っていた人が、突然ノンシリコンシャンプーに変えると 何となく触り心地に違和感を感じる人が多いようです。 シリコンは髪をコーティングしたり、ツヤを出したりする作用があるため、 ノンシリコンでは物足りなく感じるのは当然です。

しかも、ノンシリコンシャンプーに変えたからといって、 いきなり髪質がよくなったり、髪が健康になるわけではありません。 また、今まで蓄積されたシリコンが髪に残っているので、しばらくは触り心地もよいのですが、 それが剥がれた時には一時的に手触りが悪くなることもありますが、 しばらくノンシリコンシャンプーを使い続けることで髪本来の 自然やツヤがでてくるはずです。

さらに、ノンシリコンシャンプーを使っていると、コーティングがないぶん、 カラーがきれいに染まったり、パーマがかかりやすいというメリットもあります。 そして、髪に栄養を与えるときにもきちんと吸収されますので、栄養分を取り込みやすくなります。

けれども、実際にはノンシリコンといっても、シリコンではない他のコーティング剤を 配合しているものも多いようです。 コーティング剤には数えきれないほどの種類があるので、シリコンが入っていなくても 他のコーティング剤で代用することはいくらでも可能なのです。 ですから、「ノンシリコン」という言葉だけに騙されてはいけないのです。

60種類の女性用アミノ酸シャンプーの全成分を鑑定しました。本当にいいアミノ酸シャンプーは?
シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係