トップページ >  > 頭皮湿疹の原因とシャンプー対策まとめ

頭皮湿疹の原因とシャンプー対策まとめ

頭皮湿疹の原因まとめ

頭皮が乾燥している

乾燥性皮膚炎というものがあります。これは皮脂欠乏性皮膚炎ともいうのですが、こういった乾燥が原因によって頭皮湿疹が発生するということも多いです。なので冬場などの乾燥する時期に発生することが多いです。

そもそも皮脂というのはすべて落とさなければならないというふうに考えている人も多いのですが、皮脂というのは適度な量は頭皮に残していく必要があります。それこそこの皮脂が、乾燥などから頭皮を守る働きを担っているからです。

そういったバリア機能を持っているところが、皮脂の大事な役割となっています。とくに冬場などの乾燥する時期には皮脂の存在が必要不可欠となってきます。

しかしこういった時期にあまり洗浄力の強いシャンプーでいつもごしごし洗っていると、必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまって頭皮は乾燥し、非常に刺激に弱い状態になってしまいます

その結果、皮脂欠乏性皮膚炎を起こして頭皮湿疹が発生してしまうということになるわけです。

脂漏性皮膚炎が原因

脂漏性皮膚炎というのは、過剰な皮脂をえさとして増殖したカビ菌が原因で発症する皮膚炎です。こういった脂漏性皮膚炎の症状として、頭皮湿疹が起こるということも多いです。

とくにこれはシャンプーの洗浄力があまくて十分に皮脂を取ることができず、皮脂が頭皮において過剰になっているがためにおこる頭皮湿疹になります。そのため先の皮脂欠乏性皮膚炎とは真逆の原因になります。

つまり頭皮というのは皮脂がなさすぎてもだめですし、ありすぎてもだめだということです。重要なのはその皮脂のバランスだというわけです。

アトピー性皮膚炎が原因

アトピー性皮膚炎は頭皮にも発症することがあります

こういったアトピー性皮膚炎の症状としても、頭皮湿疹が起こる可能性があります。

接触性皮膚炎が原因

とくに頭皮に付着した成分が炎症を起こすことがあります。一種のアレルギー反応として炎症が起こることもあります。

たとえばふだん使っているシャンプーの成分のうちの何かが頭皮にあわず、炎症を起こすこともあります。そういった接触性皮膚炎の結果として、抜け毛や湿疹が起こることがあります。

犬や猫のアレルギー原因

犬や猫を飼っているという人の場合、そういったペットの抜け毛やフケなどが自分の頭にも付着して、それに対してアレルギーを起こしてしまうということがあります。

こういったアレルギー反応がひどいときに、炎症を起こして頭皮湿疹となってしまうことがあります。



CMで有名な高刺激のシャンプーが原因

長く使う場合は、頭皮湿疹ができやすい人には市販のシャンプーはおすすめしません。 ドラックストアで売ってるメリットなどの市販のシャンプーの成分は、頭皮にやさしい成分ではないからです。

CM やドラックストアを通して宣伝してしまうと、シャンプーの成分にかける原材料費は 当然少なくなってしまうので、CMでよく知っているシャンプーよりも、 本当に配合成分が良いネットで知られているシャンプーの方が良いです。

冬の頭皮湿疹は乾燥が原因

フケやかゆみを伴うのが冬に多い乾燥が原因の頭皮湿疹です。 最近では、「原因菌」などといわれますが、これは俗称でただの頭皮に潜む常在菌の一つです。

常在菌は皮脂を分解するので、代謝するときの刺激が炎症を引き起こしてフケやかゆみにつながると言われています。

ダニが頭皮の湿疹の原因

皮膚ダニといわれる「デモデクスブレビス」や「デモデクスフォリキュロラム」が原因の頭皮の湿疹です。

デモデクスブレビスは、アトピーやニキビなどの炎症を引き起こします。 デモデクスフォリキュロラムは、これに加えて抜け毛や薄毛と引き起こすといわれています。

名前を聞くととても怖い気もしますが、人間の顔にも実は何万匹も顔ダニが沢山います。 人間の皮膚も同様にも必ず住みついていますが、頭を長期間払わなかったり、 住んでいる環境が不衛生の場合、皮膚ダニが異常に増殖してしまうことがあります。

ストレスによる頭皮湿疹

ストレスか頭皮に悪いというのはよく知られていることだと思います。 ストレスが食環境や住環境ホルモン環境を悪くして、皮脂が過剰に出たり、酸化しやすくなったりすることが原因です。

頭皮や薄毛の一番の原因とも言われていて、これは最もわかりやすい原因であるものの、最も対策が難しい原因でもあります。

使っているシャンプーが高刺激

CMでやっている有名なシャンプーやドラックストアで売っているメリットなどの商品は 当時の汚れをよくとりますが、同時にこう刺激の成分がよく含まれています。

10代のように頭皮の代謝が活発な若い時期ならばともかく、 30代以上の頭皮にはこれらのシャンプーを長く使い続けるのは、 とても負担になります。30代になったら自分の頭皮に一番合うアミノ酸系のシャンプーを探すことが大事です。



外部からの刺激による頭皮湿疹

頭皮がかぶれて、赤くなるケースはこの外部からの刺激よる頭皮湿疹です。 水をもった湿疹やかぶれた状態で、痛みをともなう場合もあり、「接触性皮膚炎」といわれます。

原因となる刺激を排除しないと、なかなかなおらないのが特徴です。 外部刺激の原因のほとんどは、ヘアアクセサリーや帽子です。

一見ひどい状態になっても、原因が身近すぎて気づかないのもこの症状の代表的な特徴です。 対策は簡単で、外部刺激となるものをやめることです。

原因不明の頭皮湿疹は病院へ

頭皮湿疹の原因がはっきりせず、対策してみたけど痛みが引かない場合は、すぐに皮膚科に通ってください。 頭皮なので AGA クリニックか勘違いしないようにしてください。 軽度の場合は内科でも対処してくれる場合がありますが、原因不明の場合はやはり皮膚科の方が良いと思います。

頭皮の予防という意味では対策が沢山とれますが、 一度ひどい頭皮コンディションになってしまった場合は、皮膚科でしっかりとなおしてから頭皮の予防習慣を身につけたほうがいいです。

頭皮湿疹のシャンプー対策による解決方法まとめ

アミノ酸系のシャンプーを使う

皮脂の落としすぎを防ぐために、硫酸系のシャンプーではなくて、アミノ酸系のシャンプーを使うようにしましょう。

市販のシャンプーの場合、ラウレル硫酸などの強い洗浄力をもったシャンプーが多くなっています。とくに頭皮湿疹を予防、改善するためには頭皮の皮脂バランスが大事だということは、すでに指摘しました。

そのためにも、皮脂のとりすぎを招くような洗浄力の強すぎる硫酸系のシャンプーは避けて、マイルドに洗うことができるアミノ酸系のシャンプーを使うようにしましょう。

そうすれば、頭皮に必要な皮脂は残して洗髪することができます



頭皮の湿疹ができやすい人にいいシャンプーは低刺激で成分がよいシャンプーです。 アミノ酸シャンプーの中でもノンシリコンでノンパラベンであること、

できれば無添加でオーガニック成分を使っているシャンプーがよいです。 オーガニックシャンプーといっても、海外製のオーガニックシャンプーは 実は添加成分が多いので、よく成分表を見極めて購入すのが大事です。

マイルドな洗浄力で必要な皮脂を残しながら洗えるアミノ酸シャンプーの比較表はこちら



増殖した菌を殺菌できるシャンプーを使う

コラージュフルフルなどのカビ菌を殺菌できるシャンプーがあります。

こういったシャンプーだと、脂漏性皮膚炎が原因の頭皮湿疹に効果があります。

お湯の温度を下げる

あまり熱いお湯だと皮脂をとりすぎてしまいます。

なのでなるべくぬるいお湯でシャンプーをするようにしましょう。

指の腹でやさしく洗う

爪を立てて洗うのではなく、なるべく指の腹を使ってやさしく洗うようにしましょう。

そうすることで、頭皮湿疹の悪化を防ぐことができます。

朝シャンをやめる

洗髪は1日1回がベストです。

朝もシャンプーをして夜も、ということだと必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

なので夜に1回、1日の汚れを落とす程度に洗うのがベストです。

ロートなどの第2医薬品を使う

荒れた頭皮湿疹には、ロートで売られている抗炎症成分が入った「メディクイックゴールド」がおすすめです。

ロードで売られているメディクイック系には3種類ありますが、 ロードのシャンプーやローションの主な成分は、抗菌成分や保湿成分なので、 こちらを使うよりも、抗菌成分や保湿成分が多い女性用の育毛剤を使った方が良いと思います

抗炎症系の成分が入ったロートなどの第2医薬品は、 あくまでもコンディションがよくなる時までの一時的な利用にした方が良いです

頭皮湿疹のシャンプーのやり方

人間の皮膚には外部の菌から守るバリア機能があります。 頭皮にも同様にバリア機能がありますが、バリア機能が働くのは頭皮環境が良い状態の時です。 頭皮のコンディショニング剤と言われる成分の聞きますが、 コンディションを良くするというとはバリア機能を改善させるということです。

頭皮環境が良い人は毎日シャンプーをしても構いませんが、 大きい環境が崩れている人は正常の状態の頭皮のコンディションに戻るまで最低でも3日~4日はかかります。 頭皮のコンディションが戻るまでに皮脂を洗い流してしまうと余計にバリア機能が戻るのが遅れてしまいます。

つまりコンディションが崩れている場合のシャンプーの頻度は、毎日では これに合わせて3日に一日ぐらいがちょうど良いです。

シャンプーは低刺激のものが良いです。コンディションが戻るまではお湯シャンプーや石鹸シャンプーを薄めたものなどは良いです。 コンディションが戻ってからはアミノ酸シャンプーに切り替えてコンディションを崩さないようをするのがおすすめです。

頭皮湿疹にいいおすすめシャンプーとは

ニキビ・フケ・乾燥にいいシャンプーとは、 端的に言うと、 「頭皮への刺激が少ないのに、頭皮の汚れはしっかりと取れるシャンプー」です。

具体的には3つの条件を満たすことです。
  • アミノ酸シャンプーで合成界面活性剤不使用

  • ノンシリコンで成分ができるだけオーガニック

  • 防腐剤や酸化剤悪い気分が入っていないこと(できればノンパラベン)


  • こういったシャンプーは 抜け毛・薄毛予防にもいいシャンプーです。

    美容院で勧められるシャンプーが良いというわけではありません。 美容師さんは髪の手入れをするプロではありますが、 7000種類もあるシャンプーの成分について詳しいわけではありません。

    美容師さんが語るシャンプーのサイトなども沢山ありますが、 成分的な裏付けをしっかり説明できるシャンプーが良いと思います。

    市販のシャンプーを使う場合は、ひどい頭皮湿疹がおさまるまでは 薄めの石鹸シャンプーが良いと思います。

    長く使う場合は、頭皮湿疹ができやすい人には市販のシャンプーはおすすめしません。 ドラックストアで売ってる市販のシャンプーの成分は、頭皮にやさしい成分ではないからです。

    当サイトでは50種類以上のアミノ酸シャンプーの配合成分を全て調査しているので どういった成分が含まれているのか比較しながらチェックしてみてください。

    適度な洗浄力で頭皮湿疹を抑えるアミノ酸シャンプーの比較表はこちら



    シャンプーを成分分析!

    多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

    アミノ酸シャンプーの評価方法

    アミノ酸シャンプーの成分分析

    アミノ酸シャンプーと髪の関係