トップページ >  > [人気50種]女性用アミノ酸シャンプーを界面活性剤・シリコン・防腐剤の成分で評価比較

[人気50種]女性用アミノ酸シャンプーを界面活性剤・シリコン・防腐剤の成分で評価比較

アミノ酸シャンプーを選ぶポイント
『アミノ酸洗浄成分』は、メチルアラニン系が肌に優しく洗浄力も高い
『育毛成分』が入っていたほうが髪の毛にいい
『合成界面活性剤』『シリコン』『パラベン』が入ったものはダメ

人気の女性用アミノ酸シャンプーを、『アミノ酸洗浄成分』『育毛成分』『合成界面活性剤』『シリコン』『パラベン』の5項目で評価しました!

アミノ酸
洗浄成分
合成界面
活性剤
育毛成分 シリコン パラベン
総評


ハーブガーデン

メチルアラニン系+ベタイン系・ココイル系

なし

なし

なし



haru黒髪スカルプ・プロ

メチルアラニン系+ココイル系

なし

なし


マイナチュレシャンプー

メチルアラニン系+ベタイン系

なし

なし

なし


オアシス天然シャンプー

メチルアラニン系+ベタイン系・ココイル系

なし

なし

なし


ウーマシャンプー

メチルアラニン系+ココイル系

なし

なし


アミノ酸
洗浄成分
合成界面
活性剤
育毛成分 シリコン パラベン
総評

利尻シャンプー

メチルアラニン系+ベタイン系・ココイル系

なし

なし


uruotte(うるおって)シャンプー

ココイル系+ベタイン系

なし

なし

なし


プロハーブ シャンプー

メチルアラニン系+ココイル系・ベタイン系

なし

なし

エチドロン酸


マイルドシャンプー

メチルアラニン系+アミノ酸洗浄剤等

なし

なし

エチドロン酸


ルぺル プロエディット

メチルアラニン系+ベタイン系

なし

なし

エチドロン酸、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン


アミノ酸
洗浄成分
合成界面
活性剤
育毛成分 シリコン パラベン
総評

S-1無添加シャンプー

メチルアラニン系+ココイル系

なし

なし


薬用スカルプDシャンプー(ボーテ)

メチルアラニン系+ベタイン系

なし

なし


BELLUGA ベルーガ シャンプー

ココイル系+合成洗浄剤

オレフィン(C14-16)スルホン酸

なし

EDTA-2Na、安息香酸Na


リモアシャンプー

ココイル系+ベタイン系

なし

なし


ルメントスパークリング

ココイル系+ベタイン系

なし

EDTA-2Na、メチルパラベン


アミノ酸
洗浄成分
合成界面
活性剤
育毛成分 シリコン パラベン
総評

田島理容室髪洗い液ノンシリコンシャンプー

ベタイン系・ココイル系+合成洗浄剤

スルホコハク酸ラウレス2Na

なし

EDTA-2Na、メチルパラベン


ミューラグジャス FRAGRANCE SHAMPOO

ココイル系+ベタイン系

なし

なし

EDTA-2Na、安息香酸Na


ラフィーシャンプー

ベタイン系

なし

なし


DHC Q10美容液 シャンプー

ココイル系+合成洗浄剤

なし

なし

エチドロン酸


エステシモヘッドスパシャンプー

メチルアラニン系+ベタイン系+合成洗浄剤

ラウレスー5カルボン酸Na

なし

エチドロン酸、メチルパラベン、プロピルパラベン


アミノ酸
洗浄成分
合成界面
活性剤
育毛成分 シリコン パラベン
総評

ココイルプレミアムシャンプー

メチルアラニン系

なし

EDTA-2Na


シンプリッチ

ココイル系+ベタイン系

なし

なし


ラサーナ 海藻海泥シャンプー

ココイル系+ベタイン系

ジメチコン

プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベン


ロゴナ ベーシック シャンプー

刺激性合成界面活性剤+植物由来合成洗浄剤等

ココアルキル硫酸Na

なし

なし


トイトイトーイ ダメージケア シャンプー

ココイル系+ベタイン系

nなし

PEG-12ジメチコン

エチドロン酸、イソプロパノール、安息香酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン


アミノ酸
洗浄成分
合成界面
活性剤
育毛成分 シリコン パラベン
総評

ビブリーク ヘッドスパシャンプー

刺激性合成界面活性剤+ベタイン系

ラウレス硫酸Na

なし

BHT、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン


タマノハダシャンプー

刺激性合成界面活性剤

ラウレス硫酸Na

なし

なし


キットソン プレミアムシャンプー

刺激性合成界面活性剤

ラウレス硫酸Na

なし

メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン


ナデシコ シャンプー

刺激性合成界面活性剤+ベタイン系

ラウレス硫酸Na

なし

メチルイソチアゾリノン


プレイバック 美容液シャンプー

刺激性合成界面活性剤+ベタイン系

ラウレス硫酸Na

なし

メチルパラベン、プロピルパラベン


アミノ酸
洗浄成分
合成界面
活性剤
育毛成分 シリコン パラベン
総評

DHCさらさらとなる シャンプー

刺激性合成界面活性剤+ココイル系

ラウレス硫酸Na

ビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコン、ジステアリルジモニウムクロリド(陽イオン系柔軟剤)

エチドロン酸、BHT、イソプロパノール


ツバキ シャンプー

刺激性合成界面活性剤+ベタイン系・ココイル系

ラウレス硫酸Na

ジメチコン

なし


ディーセスシャンプー

刺激性合成界面活性剤+ベタイン系

ラウレス硫酸Na

リノールアミドプロピルPG-ジモニウムクロリドリン酸ジメチコン

BHT、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、メチルパラベン


Noz スカルプシャンプー

刺激性合成界面活性剤+ベタイン系

ラウレス硫酸Na

PEG-12ジメチコン

メチルパラベン、プロピルパラベン


ラックス スーパーリッチシャイン シャンプー

刺激性合成界面活性剤+ベタイン系

ラウレス硫酸Na

ジメチコン、ジメチコノール、アモジメチコン

メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン

スマホの場合、表が右(→)にスライドできます

比較表の見方

アミノ酸シャンプーの洗浄効果は、アミノ酸洗浄成分でわかります。
比較表では、アミノ酸シャンプーに含まれている成分や、それ以外の洗浄成分(合成界面活性剤)、育毛成分、シリコン、パラベンをすべてチェックしています。

アミノ酸洗浄成分のタイプ
アミノ酸シャンプーに含まれる「アミノ酸系の洗浄成分」というのは メチルアラニン系、ココイル系、ベタイン系の3つに分けられます。アミノ酸シャンプーの良さは、「アミノ酸系の洗浄成分」の組み合わせでほぼ決まります。

合成界面活性剤
(※アミノ酸系、植物由来の合成洗浄剤は除く)

アミノ酸系の洗浄成分は、頭皮に優しいのがメリットですが、アミノ酸は洗浄力が弱いというデメリットがあります。 この洗浄力の弱さを補強するために、「刺激性の合成界面活性剤」を配合したアミノ酸シャンプーが数多くあります。

育毛成分
アミノ酸シャンプーに含まれる育毛成分は数多くあります。 シャンプーは頭皮を洗浄することが目的ですが、頭皮に触れる部分が大きいため、育毛成分が含まれていたほうが当然よいです。

シリコン
シャンプーはシリコンとノンシリコンに分かれます。 シリコンが髪によくないと考えられているのは、髪の表面に吸着してそれがはがれる時、キューティクル も一緒にはがしてしまうからです。

パラベン
パラベンとは、ヘアケア用品や化粧品の中の雑菌が増えないようするための「防腐剤」です。 XXXパラベンと記載されている成分で、メチルパラベン・エチルパラベン・プロピルパラベン・ベンジルパラベン等があります。


採点方法は次のとおりです。

合計点数 = 「アミノ酸洗浄成分」+「合成界面活性剤(の有無)」+「育毛成分」+「シリコン」+「パラベン」

「アミノ酸洗浄成分」の採点法
= 3点
= 2点
= 1点
= 0点


「合成界面活性剤(の有無)」の採点法
= 2点
= 1点
= 0点


「育毛成分」の採点法
= 2点
= 1点
= 0点


「シリコン」の採点法
= 1点
= 0点


「パラベン」の採点法
= 1点
= 0点

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係