トップページ >  > 髪の艶を簡単に出すには?

髪の艶を簡単に出すには?

毛髪の成分って?

毛髪は80~90%がタンパク質からできており、残りがメラニン色素、脂質、微量元素、水分となっています。 さらに細かく分析すると、タンパク質の元になっているのがアミノ酸であり、 アミノ酸が何千もつながってできたものがタンパク質になります。

タンパク質にはいろいろな種類がありますが、毛髪のタンパク質は「ケラチン」が主成分です。 20種類ほどのアミノ酸を含んでいますが、「シスチン」というアミノ酸が多いのが特徴です。 シスチンには硫黄が含まれているので、毛髪を焼いたときに硫黄の臭いがするのはこのためです。

また、シスチンは、目の角膜の主原料でもあるので、目を酷使している人や慢性的に目が疲れている人は その修復にシスチンが使われるため、髪に栄養が行きとどかなくなる傾向があります。 つまり、目を酷使すると髪の栄養がなくなるというわけなのです。

毛髪は、わかりやすくいうと、お寿司ののり巻のような状態です。 一番中心の細い管のようなところが「毛髄質」、その周りが毛皮質と呼ばれる部分で 毛髪の半分以上を占めています。

最も表面の部分がよく耳にするキューティクル(毛表皮)となります。 キューティクルは魚のうろこのようなものでパーマやカラーなどの刺激で すぐに損傷してしまい、そこから大切な髪の成分であるタンパク質や水分が抜けていくのです。

すなわち、「髪の艶を出す」とは、「髪の成分であるタンパク質・ケラチンや水分を適度に保持することで、毛皮質とキューティクル(毛表皮)のコンディションをよくする」ことなのです。

髪の艶を出すなら、お湯シャンプーがいい?

髪の艶を出すなら、髪をお湯で洗い流すだけのお湯シャンプーがいいという話があります。このやり方は、頭皮に皮脂をある程度残しつつ頭皮のコンディションを整える方法で、方法自体は間違っていません。

実際に、この方法で髪の艶を出たという人はいます。 ですが、この方法での艶出しは、少数派なのが事実です。 その理由として、3つあります。

1つ目は、お湯シャンプーの方法の艶出しは、時間がかなりかかるというものです。半年から1年くらいしないと、頭皮や髪のコンディションは整ってきません。
2つ目は、頭皮や髪のコンディションが整うまでの間、頭皮が臭うのをガマンできない、ということです。
3つ目は、頭皮や髪のコンディションが整うといっても、皮脂が多い人の場合は、やはりお湯シャンプーでは整いづらく、皮脂が過剰に残ればたびたび湿疹もできやすくなるということです。

これらの理由をクリアできる体質や覚悟があるの人はやる価値はあると思いますが、 リスクを負いたくなければ、それ以外にできる簡単な方法もあるのでそちらで十分だと思います。

髪の艶を出すには?

髪には年齢が出やすいといわれるように、歳をとるとだんだんと髪にツヤがなくなり、 何となくパサついてきますね。 残念ながら、これが老けた印象を与えてしまうのです。

年齢とともに髪質まで変わってきたという人もいます。 若い頃は太くてツヤツヤしていたのに、だんだんと細く痩せ衰えた毛髪になり、 量も減ってくるものです。

もちろん、老化は止められないので、細胞の生成力の衰えから 髪質が変わったり、ツヤがなくなったりするのは仕方がないのですが、 少し意識を変えたり、お手入れに気を遣うだけでまだまだ髪のツヤを取り戻すことができるのです。

まず、今ではほとんどの人がしているカラーリング。 白髪が目立つからと明るめの色にする人もいますが、 実はツヤのない髪にはダークな色味のほうがおすすめなのです。 洗髪するごとに色褪せてくるので、最初は暗めにカラーリングしておけば 色褪せてもぱさぱさとした印象にはなりませんよ。

そして、髪のツヤを出すためにはシャンプーやトリートメント選びがとても大切です。 シリコン剤が入っているものは手触りこそよいものの、長く続けるうちに ツヤがなくなってくるのでおすすめできません。

そこで、ノンシリコンの頭皮や髪に優しいアミノ酸系のシャンプーを使えば、 髪が本来持つ自然なツヤがよみがえってくるはずです。 できるだけ髪に余分な脂や不必要な化学成分を付けずに 本来のツヤを導きだしたいものです。

一時的につけた瞬間にツヤを出すというようなヘアケア剤はたくさんありますが、 どれもその時だけのもので髪や頭皮のことを考えたものではありません。 本当のツヤを求めるのなら、毎日のブラッシングから始めてみましょう。 朝晩の念入りなブラッシングだけでもずいぶんツヤが出るはずですよ。

地肌に優しいシャンプーはアミノ酸シャンプーがいい理由

髪の艶を出すには、頭皮が健やかなコンディションを保つことが大切です。 健やかな髪の毛にしたい時には、髪の毛が生えてくる毛根や毛母細胞のある地肌のコンディションも高めていく必要があります。

髪の毛だけの頭皮ケアをやっても、十分にきれいな髪の毛にしていくことはできません。 地肌の細胞の奥から活性化して、健康な強い髪の毛が生えてくる土壌を作りたいです。

あなたが地肌の環境を高めていきたい時に使ったらいいのは、合成シャンプーや石鹸シャンプーではなく、「アミノ酸シャンプー」です。 今までのシャンプーは、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの石油や化学物質が入っていました。

石油や化学物質が入っていたシャンプーは洗浄成分は高かったからよかったのですが、女性のお肌には刺激が大きくて、石油系や化学系のシャンプーを使ったせいで、頭皮や髪の毛やお肌に悪影響が出てきたこともあったのです。 もう地肌や髪の毛に刺激や負担がかからない、アミノ酸シャンプーを選ぶ方が増えています。 アミノ酸は人間の体を構成している基本成分の1つですから、シャンプーに配合されていても、体や髪の毛や地肌には優しく何も負担がかかりません。

毎日のシャンプーをアミノ酸シャンプーに変えたら、 「髪の毛が、傷まなくなった!」 という喜びの声もよく聞きます。 一度は試してみる価値はありますよ。


50種類の女性用アミノ酸シャンプーの全成分を鑑定しました。本当にいいアミノ酸シャンプーは?
シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係