トップページ >  アミノ酸シャンプーの成分分析 >  ルメント スパークリングの成分分析

ルメントスパークリングの成分を調査しどのような効果があるか調べました!

ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプーについて徹底調査しました

ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプー
ルメントスパークリングオイルクレンジング&シャンプーは髪や頭皮を洗いながら髪をケアして美しくしてくれるシャンプーになります。このルメントスパークリングオイルクレンジング&シャンプーの特徴はなんと言っても高濃度の炭酸です。炭酸はヘッドスパなどでも使われており、マッサージのような気持ちよさを出してくれます。まるでサロンのヘッドスパのような満足感を得られるシャンプーになっています。


ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプーの全成分をチェック!

水、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、LPG、アルガニアスピノサ核油、バオバブ種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、加水分解ケラチン(羊毛)、フラーレン、トウキンセンカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、レモン果実エキス、スギナエキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、コカミドDEA、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-10、クエン酸、ベタイン、BG、二酸化炭素、EDTA-2Na、メチルパラベン、PVP、香料



ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプーは本当にいいの?その内容を徹底評価!

ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプーの成分分析

ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプーの成分を
「洗浄成分」
「育毛成分」
「頭皮によくない成分」
に分けました。 ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプーの成分の詳細がわかります。

洗浄成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
アミノ酸洗浄成分のタイプ ココイル系アミノ酸洗浄剤+ベタイン系アミノ酸洗浄剤
アミノ酸系成分 ココイルグルタミン酸Na、ラウリルベタイン、ココイルメチルタウリンNa
合成界面活性剤
(※アミノ酸系、植物由来の合成洗浄剤は除く)
なし

育毛成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
育毛成分 ルガニアスピノサ核油、バオバブ種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、加水分解ケラチン(羊毛)、フラーレン、トウキンセンカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、レモン果実エキス、スギナエキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス

頭皮に良くない成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
シリコン なし
パラベン EDTA-2Na、メチルパラベン

ココイルプレミアムシャンプーは「見送り」

育毛成分があまり豊富でないことや洗浄成分が今一つ

洗浄成分・・・   (5点満点)
育毛成分・・・   (2点満点)
悪い成分・・・   (2点満点)

総合評価・・・ (9点満点)


ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプーの成分の特徴

高濃度の炭酸でスパの様な感覚

ルメントスパークリングオイルクレンジング&シャンプーは髪や頭皮をしっかりと洗える力と髪をケアして美しくしてくれる力を兼ね備えた商品です。ルメントスパークリングオイルクレンジング&シャンプーは高濃度の炭酸を使っているのでまるでサロンのヘッドスパのような満足感を得られる商品です。

アミノ酸系成分は洗浄力弱い

アミノ酸系の洗浄成分は「メチルアラニン系」が最も洗浄力が強く、かつ頭皮へのダメージも少ないとされています。この商品では洗浄力が比較的弱い「ココイル系」と「ベタイン系」をペアで使っているようです。ただし、洗浄力強化のために合成界面活性剤が含まれているわけでもないので、頭皮へのダメージは小さいと思います。

育毛成分はまあまあ豊富

育毛成分はかなり豊富な種類が含まれていて、様々な育毛促進作用が期待できると思います。特に植物由来の成分が豊富に含まれており、頭皮にも環境にも刺激が少なそうです。



ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプーの商品詳細

ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプー
ルメントスパークリングオイルクレンジング&シャンプーは髪や頭皮を洗うことと髪をケアして美しくすることを兼ね備え、両立させたシャンプーです。

炭酸はサロンのヘッドスパなどで使われ、マッサージのような気持ちよさを醸し出してくれます。そんな炭酸を高濃度で含ませていますのでお家で簡単にヘッドスパのような感覚を味わうことができ、仕上がりもまるでサロンでやってもらったかのような満足感を得られるシャンプーになっています。

一方、肝心のシャンプーとしての性能はどうかというと、頭皮への刺激は非常に抑えられているものの、洗浄能力不足ではないかと思われます。「ココイル系」と「ベタイン系」のアミノ酸成分はどちらも頭皮に保湿を与えてくれるものの、洗浄能力が小さいからです。

全体としてはおおむね満足できる製品ですがしっかり髪を洗いたい方は別の「メチルアラニン系」の成分が含まれているものをおすすめします。
価格 2400円(税抜)
内容量 200g
特典 2本以上で送料無料


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気10種類の中で、ベスト1の女性用アミノ酸シャンプーはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係