トップページ >  アミノ酸シャンプーと髪の関係 >  頭皮のべたつきはシャンプー

髪のべたつきの原因と11の改善法のまとめ

髪の毛や頭皮のお悩みでよく聞く意見は、
「すぐに、頭皮がベタベタになるので気分がよくないです!」
というものです。

髪の毛や頭皮がベタベタになるのは、脂や汚れやばい菌や雑菌が大きく関係をしてきます。
脂や汚れやばい菌や雑菌は時間が経ったら、空気中の酸素と結合しますから、さらにベタベタはひどくなってしまいます。
「酸化現象」といわれているもので、酸化現象になったら不快なベタベタはひどくなってきますし、クサイにおいもひどくなっていきます。
早い段階から、髪の毛や頭皮のベタベタは解消していかなかったらいけないでしょう。

ではそもそもどうして頭皮に脂、汚れ、ばい菌、雑菌が繁殖してしまうのでしょうか。

以下に、髪のべたつきの原因と改善法のまとめました。自分に合った方法を探してみてください。

頭皮のべたつきの原因まとめ



頭皮のべたつきの原因は以下の9個のうちのどれかです。
自分の頭皮のべたつきの原因がどれに当るか、見極めることが大切です。

食事の栄養の偏りや糖分と脂質の過剰摂取

糖分や脂質の摂り過ぎにより体内の中性脂肪が増えて、体内に脂が蓄積されます。

ストレスや運動不足による血行不良

頭皮が栄養不足となり、免疫力が低下します。

ビタミン不足になると身体が代謝リズムが不調になります。
自律神経が乱れると、食べ物の消化や皮脂の分泌おかしくなり、消化が不十分になると、未消化の脂が体内に多く残ったままになるので全身が脂ギッシュになります。

頭皮の洗浄が足りずに汚れが酸化

頭皮の洗浄が足りず汚れたままだと、肌のターンオーバーがうまく為されません。

油分の多い整髪料の使用

どうしても洗い残しが多くなってしまい、毛穴に詰まってしまいます。

ヘアスプレーやスタイリング剤のやりすぎ

髪を固めるヘアスプレーは、特にシャンプーで落ちにくく、髪をガチガチに固めている人は要注意です。
頭皮にスタイリング剤がのこりつづけると、頭皮の皮膚呼吸とコンディションがどんどん落ちていきます。
シャンプーをしてもヘアスプレーなどのスタイリング剤はとくに落ちにくいので、これが頭皮のべたつきの原因となってしまいます。

カラーリングやパーマの刺激成分

カラーリングの薬液は頭皮にある間、 頭皮に大きな負担になり、肌のコンディションを悪くします。

シャンプーやコンディショナーの刺激成分

必要な皮脂までも取り除く刺激の強い石油系界面活性剤が頭皮を悪くしている可能性があります。 強い防腐剤も肌のコンディションを壊しやすい一因です。

シャンプーのやり過ぎ

頭皮に必要な最低限の皮脂がなくなると、過剰に皮脂が分泌されます。 人間本来の自己防衛機能が働いて、皮脂をさらに出して頭皮を守ろうとするからです。
シャンプーをしすぎるとと皮脂が足りなくなり、 さらに皮脂を出そうとするので、逆に脂っぽい頭皮になってしまいます。

脂漏性皮膚炎の前兆

皮膚に常在するマラセチアというカビ菌は、頭皮を「脂漏性皮膚炎」にします。

このカビの大好物は皮脂で、何かしらの契機でマラセチアが頭皮にいついた場合、 免疫が低下したり皮脂が多い頭皮環境では、異常に増殖してしまうので、角質が剥がれ落ちることで脂漏性皮膚炎=べたつきとなります。

カビや細菌の繁殖防止には、髪の毛を洗った後には、タオルやドライヤーを使って根元から1分以上乾かすのが大事です。



髪のべたつきの原因と改善法まとめ

シャンプーの方法を変えて、皮脂・汚れ・ワックスを確実に落とす

髪のべたつきの原因には頭皮の毛穴から分泌される皮脂の量が多い事が挙げられます。

頭の部分は体全体の他の部分と比べて最も皮脂が分泌されます。頭皮の毛穴には皮脂の他に埃などの汚れやワックスやムースなどヘアスタイリング剤の残りが蓄積しやすいのです。

入浴時などのシャンプーで頭皮の汚れを落とす事を習慣にすると髪のべたつきを抑える事が出来ますが、洗い残しがあると頭皮に蓄積した汚れが酸化します。

朝髪を整えるのに便利だという理由でシャンプーをする人がいますが、夜寝る前にシャンプーをする方が寝ている間の肌生成が正常に行われるので、健康な髪の状態を保つことが出来ます。

髪や頭皮に汚れがついたままだと毛穴部分の皮脂と混ざり合い新陳代謝が滞るため、髪や頭皮のべたつきを招く事になります。特にヘアスタイリング剤のワックスやヘアクリームなどには油が含まれていることが多いため、洗い残しがない事が大切です。

頭皮の油分が多いと薄毛や抜け毛などのトラブルが多くなります。テクスチャの程度によっては二度洗いした方が良いという人がいますが、洗浄力が強いシャンプー剤の場合は頭皮の皮脂や髪に負担がかかるので注意が必要です。

シャンプー時にワックスを落とす方法はワックスを落とすシャンプー剤を使ったり、シャンプー前にリンスやトリートメントを髪につける方法があります。

ワックスを落とすシャンプー剤は二度洗いしなくても落とせますが、髪が乾燥して潤いがなくなりやすいので、トリートメントをつける事が必要です。

シャンプー前にリンスやトリートメントを髪につけてからしばらくそのままにしておくと、ワックスで固まっていた髪が扱いやすい状態になるので、その後シャンプーをします。

シャンプー前に髪につけたリンスやトリートメントをお湯で良くすすいで落としてから通常通りシャンプーをします。

シャンプーする時のお湯の温度は38℃から40℃にして、髪や頭皮に優しいシャンプー剤を使いましょう。

ワックスの主成分は「油」です。頭皮に油が溜まると、毛穴を塞いでしまい、フケや炎症、薄毛の原因となります。ワックスは、毎日の洗髪で確実に落としきるべきです。

引用URL http://mens-skincare-univ.com/article/007378/

シャンプーの選び直す

シャンプーの後にドライヤーを使うと熱風が髪を傷める原因になるから自然乾燥の状態で寝るという人は、髪や頭皮の雑菌が増殖しやすくなります。

髪や頭皮から臭いがしたりべたつくのは雑菌が盛んに活動しているからです。

臭いの原因はシャンプーの回数や量が足りないと勘違いして一日に二回以上洗ったり、シャンプーの量を増やしたりすると悪循環になります。洗浄力の強いシャンプー剤を使うのも逆効果です。

頭皮の皮脂を余分に取り除く事によってより多くの量の皮脂を補充する働きが起こるため、髪や頭皮のべたつきを促進させる事につながります。

頭皮を洗う時に力を入れると知らず知らずのうちに傷つけ、乾燥状態になり皮脂分泌が盛んになります。

頭皮や髪のべたつきの改善策の一つとしてシャンプーを見直す方法があります。

シャンプーを正しく選ぶこつは安価だという事だけで選ばない事、頭皮や髪に優しいシャンプーを選ぼうとして洗浄力が強くない製品にしない事、逆に洗浄力が強すぎるシャンプーを選ばない事です。

過剰な洗髪になってしまう原因のひとつは、シャンプーの洗浄力が強すぎることです。

ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムといった陰イオン系界面活性剤が含まれているシャンプーは、女性にとっては洗浄力が強すぎると考えていいでしょう。

石油系の界面活性剤が含まれているシャンプーも、人によっては洗浄力が強すぎることになってしまうかもしれません。

頭皮環境の改善を目的としている人の中には洗浄力が高いシャンプーを選ぶ傾向がある人がいますが、かえって頭皮環境を悪化させる事になります。

頭皮に必要なだけの皮脂を落とさずに汚れを洗い流せるシャンプーを選ぶ事が肝心です。

おすすめしたいいいシャンプーの方法は、頭皮や髪の毛に優しいアミノ酸シャンプーを使って、毎日のシャンプーをやっていく方法です。

効果的な解決法は、アミノ酸系の界面活性剤が含まれているシャンプーならば洗浄力が適度に抑えられていますので、洗髪が過剰になることはなくなるのではないでしょうか。

髪の毛に優しいアミノ酸シャンプーを使ってシャンプーをやっていく時には、同時にマッサージもやったら、髪や頭皮のベタベタも気にならなくなって、美髪効果が高められます。

【女性用】マイルドな洗浄力で適度に皮脂を落とす「女性用アミノ酸シャンプー」の比較表はこちら



【男性用】60種類の「男性用アミノ酸シャンプー」の全成分を鑑定しました。比較表はこちら。

食生活を和食中心にする

髪がべたつく原因の一つには遺伝によるものがあります。親の頭皮や髪がべたつきやすいと、その子供も皮脂分泌の量が多くなりやすくなります。

頭皮にはマラセチア菌という菌が常在していますが、菌が多数の場合や活動が盛んな場合は頭皮がべたつきやすくなります。マラセチア菌が多い場合は脂っこい食事を控え目にしましょう。

脂分を全て摂らないでいると逆に体内で足りない分の脂肪分を分泌しやすくなって肌の潤いがなくなるので、程々に摂る事も大切です。食事の内容次第で頭皮の皮脂分泌の量が左右されます。

日本の食生活は欧米の影響で動物性タンパク質を取り入れた洋食メニューを取り入れるようになりましたが、油を使ったメニューが多くなると皮脂分泌が過剰になり髪がべたついたり臭いが発生する原因になります

対策としては江戸時代より昔の日本の食生活を参考にして、時には粗食にしてみると体内だけでなく皮膚も改善されます。油を使う料理の場合はオリーブオイルを適量使うとよいでしょう。

洋菓子を好んで食べる人も糖質と脂質の両方を摂り入れる事になりますし、コンビニエンスストアのお弁当やカップ麺などのインスタント食品を毎日のように食べる人は脂分だけでなく糖分や塩分の摂り過ぎや化学物質が習慣となり、体質を悪化させる事になります。

外食を減らして野菜を摂り入れた食生活に改善する事が必要です。

正しい育毛マッサージが重要

シャンプーと同じくらい大切なのは頭皮の血行を改善する事です。

髪のべたつきがひどくなると薄毛や抜け毛の原因となりますが、マッサージを毎日の習慣に取り入れると頭皮環境の改善につながります

力を入れ過ぎると頭皮や髪の根元に悪影響を及ぼすので、正しいやり方でマッサージをする事が必要になります。

マッサージのポイントは爪を立てないようにして行う事です。特に育毛を目的としている場合は、頭皮を指の腹で押して動かすようにマッサージしましょう。かたい頭皮が徐々に動かしやすくなります。

マッサージを始めた時は少し痛みを感じますが、段々気持ちが良いと感じるようになります。同じ場所だけ集中して行わず、頭皮全体をマッサージすると良いでしょう。

髪や頭皮は加齢が原因で代謝が悪くなり血行不良を惹き起こすので、中高年以降の人には特におすすめです。頭と同様に顔まわりや首もマッサージすると血行不良が改善されます。

頭部にはさまざまな症状に効果があるツボがあるので、頭皮や髪に効果的なツボを押すとより効果が期待出来ます。

百会(ひゃくえ)という両耳の上から頭頂部までの線の中央にあるツボや、翳風(えいふう)という耳の下にあるツボや耳の後ろに突き出た骨の下の窪みにある完骨(かんこつ)というツボは頭皮の血行促進に良いツボだと言われているので、力を入れ過ぎないようにマッサージする事が必要です。

頭に傷がある時は避けて、マッサージする前に手を清潔にする事も大事なポイント。三日に一度の割合でマッサージを行うと効果的です。自分の体調に合わせて行うようにしましょう。

髪に良いと言われているアミノ酸系界面活性剤

市販のシャンプーに配合されている界面活性剤には天然、石鹸、脂肪酸エステル系などがありますが、悪性とされているのは高級アルコール系と石油系です。

アミノ酸系界面活性剤は今髪や頭皮に良いとされているアミノ酸系シャンプーに配合されている界面活性剤ですが、長所は洗浄力が程々で低刺激性、短所は石油系より泡立ちが悪く高価な点です。

アミノ酸系界面活性剤が配合されているかどうか見分けるには、まず製品に記載されている成分表を見る事が必要です。一番最初に水が表示されていますが、次に表示されるのが濃度が高めの界面活性剤です。

代表的なアミノ酸系界面活性剤にはココイル加水分解コラーゲンKなどがあるコラーゲン系とココイルメチルタウリンNaが代表的なタウリン系、アラニン系、グルタミン酸系、アスパラギン酸系、ココイルサルコシンNaなどが代表的なサルコシン系です。

アミノ酸シャンプーを見分けるこつは水の次に表示された5個くらいまでの成分の中にココイルやラウロイルで始まる名前があるかどうか確認出来れば、アミノ酸系シャンプーと判断出来ます。

尚、水のすぐ後に表記されているほど濃度が濃い成分なので、シャンプーを見る時に良く確認する事をお勧めします。シャンプー後は保湿をする事を忘れないようにしましょう。

【女性用】適度な洗浄力で髪のべたつきを抑える「女性用アミノ酸シャンプー」の比較表



【男性用】60種類の「男性用アミノ酸シャンプー」の全成分を鑑定しました。比較表はこちら



塩シャンプーと酢リンス

髪や頭皮に効果があると言われている方法の一つにお湯の中に塩を入れてシャンプーする方法があります。

浴槽にお湯をはって入浴する人は、お塩をお湯に入れると発汗作用を促すためダイエットに利用されますが、塩シャンプーも髪や頭皮に効果的だと言われています。

洗浄力が強いシャンプーを常用すると頭皮に必要な皮脂が減少するため、髪や頭皮の乾燥を防ぐため皮脂分泌が多くなります

シャンプー剤を使わずにお湯だけでシャンプーするお湯シャンプーが話題となりましたが、過剰な皮脂分泌が原因で髪や頭皮から臭いがするようになり、臭いをごまかすためにシャンプー剤を多用するようになると悪循環となります。

ヘアスタイルを整えるためのワックスなどを使っていなければ、お湯だけでも汚れを落とす事が出来ます。お湯に塩を入れる事によって血行促進の効果も期待出来ます。

塩シャンプーの方法は洗面器一杯分の38℃くらいのお湯に塩を大さじ一杯入れて攪拌し、お湯で予洗いした後の髪を塩が入ったお湯で洗うというものです。洗った後はすすぎをしっかりして、塩が残らないように流すのがポイントです。

洗い始めは脂っぽく感じる人もいるかもしれませんが、週一回から始めて徐々に増やしていくと良いでしょう。

頭に傷がある場合や肌が弱い場合は控え目にして、マッサージする感覚でシャンプーすると頭皮の皮脂分泌が正常に戻る効果が期待出来ます。

シャンプーした後は酢リンスをするとより効果的だと言われています。

酢リンスとはお湯に酢を入れて作るリンスで、髪をサラサラにしてやわらかくする効果があります。酢リンスは洗面器一杯分のお湯にスプーン小さじ一杯分のお酢を入れて良く攪拌すれば出来ます。

市販の酢を使って出来るのでコストをかけなくてすむのも魅力です。作り置きをせず毎日使い切るようにすると良いでしょう。

ストレスを上手に解消する

ストレスを恒常的に受けている状態では、自律神経のうち交感神経の働きが常に活発になり、男性ホルモンの分泌が促されます。これは男性も女性も同じです。

男性ホルモン増加の問題点は、皮脂の分泌量が増えてしまうことで、これによって髪がべたついてしまうというわけです。

男性ホルモンの分泌量を減らすためには、もうひとつの自律神経である副交感神経を活発にさせるため、ストレスを上手に解消させることが必要になります。

いろいろな方法がありますが、一番のオススメは軽い運動をすることです。ストレス解消効果もさることながら、運動によって脂肪が燃焼し、体脂肪が減少するからです。

脂っこいものを控える

肉類やスナック菓子など脂っこいものを多く食べていると、体内に脂肪が蓄積してしまい、皮脂の分泌量が増えてしまいます。太っている人の髪がべたつきやすいのも、これと同じだと考えていいでしょう。

脂肪分は体にとって必要なものではありますが、過ぎたるは猶及ばざるが如しでもあります。髪がべたつくと感じたら脂肪分の摂取を抑え、皮脂の分泌量を減らすように心がけましょう。

適切な洗髪を心がける

洗髪をサボって髪がべたついてしまうのは自業自得ですが、過剰な洗髪も髪のべとつきの原因になってしまいます。

洗髪が過剰だと必要以上に皮脂が洗い流されますので、頭皮の乾燥を防ぐために皮脂の分泌量が増え、頭髪がべたつく原因になってしまうのです。

頭髪がべたつかないようにするため、1日に複数回の洗髪を行っている人もいるでしょうが、はっきり言って逆効果です。

洗髪は毎日行う必要がありますが、回数については1回にとどめておくのが髪のべたつき防止につながるのです。

ビタミンB2を摂取する

体内に脂肪分が蓄積されると皮脂の分泌量が増えるのは上にも書きましたが、これを解消するためにはいかにして脂肪分を消費するかが鍵になってきます。

ビタミンB2は、脂肪分の燃焼を促す効果があります。積極的に摂取することで脂肪分が効率的に使用されるようになり、同じ運動をしてもより多くの脂肪分が使われるようになるのです。

ビタミンB2はレバーや海苔、イカナゴ、脱脂粉乳などに多く含まれています。これらの食べ物を積極的に摂取するようにしていきましょう。

洗髪後は髪をしっかりと乾かす

ここまで髪のべたつきと皮脂との関係について書いてきましたが、べたつきの原因は皮脂だけではありません。頭皮に細菌が繁殖してしまうことも、べたつきの原因になるのです。

細菌の繁殖の原因のひとつは、洗髪後に髪をしっかりと乾かしていないことです。頭髪や頭皮に水分が含まれていると蒸れて細菌が繁殖しやすくなり、分泌物によって髪がべたついてしまうのです。

細菌の繁殖を防ぐためには、洗髪後はドライヤーでしっかりと乾かすようにすればいいのです。頭髪や頭皮に水分が残っていなければ、繁殖のしようがないからです。

【女性用】髪のべたつきを抑える「女性用アミノ酸シャンプー」の比較表はこちら



【男性用】60種類の「男性用アミノ酸シャンプー」の全成分を鑑定しました。比較表はこちら




シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係