トップページ >  アミノ酸シャンプーと髪の関係 >  アミノ酸系洗浄成分って?

アミノ酸シャンプーとオーガニックシャンプーの違いは?洗浄成分はどうなの?

アミノ酸シャンプーとは

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分、つまり界面活性剤にアミノ酸系の成分を使用しているもので、 お肌や頭皮への刺激が少ないところが特徴です。 髪に優しいと人気のせっけんシャンプーよりもさらに優しいことから、 最近では数多くの商品が出回っています。

実は私たちの体は約60%が水分、残りの40%のうちの20%がアミノ酸からなるタンパク質でできています。 アミノ酸自体は500種類以上ありますが、体を構成しているアミノ酸は20種類ほどになります。 髪や皮膚もアミノ酸からできているので、同じアミノ酸を洗浄成分にしているアミノ酸シャンプーなら 刺激を最小限に抑えることができるというわけなのです。

ですから、商品を上手に選ぶことができれば、アミノ酸シャンプーは敏感肌やアトピーなどのアレルギーを持つ人にも 安心して使えるシャンプーです。頭皮に必要な皮脂や潤いは しっかりと残してくれるので抜け毛や薄毛の予防にもなりますよ。

ただし、アミノ酸の含有量は商品によって大きく異なり、たとえ含有量が少量でも 「アミノ酸シャンプー」と謳っているものもあるので選ぶときには注意が必要です。

アミノ酸系洗浄成分ってどんなの?

シャンプーの洗浄剤の主成分は界面活性剤です。 石けんももちろん界面活性剤ですが、さまざまな種類の界面活性剤の中の1つが、 アミノ酸系界面活性剤になります。

アミノ酸系洗浄剤は、数多くある界面活性剤の中で最もお肌に優しく 刺激が少ないのが特徴です。 界面活性剤の中で最もよく使われているのは高級アルコール系界面活性剤であり、 以前はラウリル硫酸ナトリウムが多く使われていました。 けれども、ラウリル硫酸ナトリウムは洗浄力が高い反面、お肌への刺激が強く 特に敏感肌の人はかゆみや発疹などの症状がでることもありました。

そこで、お肌に刺激がすくない界面活性剤の研究が始まり、 1980年代ごろから開発され、今では優しいシャンプーとして アミノ酸シャンプーは定着しています。

アミノ酸系洗浄剤は、石けんの構造の間にアミノ酸がくっついたような形になります。 親油基と親水基の間にアミノ酸が入り込んだ状態です。 アミノ酸自体、人間の体を構成している成分の1つだとうことを考えると 低刺激なのも納得できますね。

アミノ酸系洗浄剤の特徴はきめ細かい泡立ち、適度な洗浄力、皮膚の保湿やバリア成分を取りすぎない、 目にしみにくい、お肌に残りにくい、洗った後のつっぱり感がでにくいなどです。 わかりやすくいうと、不要なものは洗い流してくれるのに 必要なものはしっかりと残してくれるというイメージです。

オーガニックシャンプーって?石油系シャンプーからオーガニックシャンプーへ



毎日の髪の毛や頭皮のケアにおいて髪の毛のために一番重要なのは、どんなシャンプーを使うのかということです。

最近使っている女性が増えているのが、オーガニックシャンプーです。 オーガニックシャンプーは10年ぐらい前から発売されていましたが、健康志向や自然派志向の方が増えるのに伴い、人気度も高まっています。

今までのシャンプーは、石油系や化学系のシャンプーが主でした。
シャンプーを作るメーカー側も、
「いかにして、髪の毛の汚れや脂を落とすのか?」
ということを主に考えていましたから、石油系や化学系のシャンプーがたくさん発売されていました。

石油系や化学系のシャンプーは、髪の毛の汚れやばい菌や脂はきれいに落とせましたが、強すぎる洗浄成分のせいで、女性の髪の毛が傷んだり、頭皮が乾燥してしまう事例が多発しました。 つまり、石油系や化学系のシャンプーには大きな副作用があったのです。

近年は女性の髪の毛にも頭皮にもまた環境にも配慮をした、優しいオーガニックシャンプーが好まれています。 オーガニックシャンプーは自然派の天然由来成分で作られていますから、髪の毛や頭皮にかかる負担が少なく、効果的なケアができます。

アミノ酸シャンプーとオーガニックシャンプー



同じく頭皮や髪の毛への負担が少ないシャンプーとして、アミノ酸シャンプーが話題になっています。 アミノ酸シャンプーとオーガニックシャンプーはそれぞれどんな特徴を持っているのでしょうか?

アミノ酸シャンプーの特徴

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分がアミノ酸を使った界面活性剤で構成されているシャンプーです。 洗浄成分をアミノ酸の界面活性剤を使うと頭皮にやさしく刺激を与えすぎないで髪を洗浄する事ができます。

ラウリル硫酸、ラウレス硫酸など刺激性が強い石油系の界面活性剤のアンチテーゼとして時代の主役になったシャンプーと言えます。

しかしアミノ酸シャンプーには大きな欠点があります。それは、洗浄成分のすべてがアミノ酸成分ではないことです。もちろん、洗浄成分のすべてがアミノ酸成分であるシャンプーも存在しますが非常に少数です。

なぜかというと、アミノ酸成分は洗浄力として少し弱いので安価なコースで界面活性剤を追加することが多いからです。 つまり、市場に出回っている8割のアミノ酸シャンプーは「一部だけアミノ酸シャンプー」といえるでしょう。

残りの2割のアミノ酸シャンプーは本物のアミノ酸シャンプーといえます。

オーガニックシャンプーの特徴

オーガニックシャンプーとは配合成分がオーガニックな成分でできているシャンプーです。

一般に、アミノ酸シャンプーと違って洗浄成分以外にもオーガニックな成分が使われているという意味ですが、実際は日本とヨーロッパでは大きな違いがあります。

「オーガニック」とはもともと「有機栽培」という意味で、有機肥料などで土作りをして、化学合成農薬や化学肥料を使わないで栽培する農業方法です。日本では自然派というイメージがありますが、具体的には有機栽培で作られた原材料を使用している商品という意味です。

主にヨーロッパではオーガニックという名称を商品につける場合、ちゃんとした認証を受ける必要があります。

  ・化学肥料、農薬を3年間使用しない土地で栽培すること
  ・有機肥料は、化学薬品や重金属が含まれないものを使用する
  ・遺伝子組み換え原材料は使用しない

上記が主に、ヨーロッパを中心とした世界各国のオーガニックの認識です。

ところが、日本では、実はオーガニックシャンプーにはちゃんとした定義はありません。それは日本にはオーガニックという名の認証機能がないからです。

日本では、オーガニック成分を少しでも配合いればオーガニックシャンプーと表記することができます。つまり、商品に添加物だらけでも刺激物だらけでも、わずかなオーガニック成分さえ入っていればオーガニックシャンプーと呼ぶことができました。

日本ではほとんど俗称なので、オーガニックイコール安全ではないことも知っておくことが大切です。

自然由来の成分だろうと強力な作用を持っていたり肌に合わないこともありますので、 オーガニックだから安全に使えると誤解しないように注意した方が良いといえます。

ふたつのシャンプーの違い



表向きの違いで アミノ酸シャンプーとオーガニックシャンプーの違いをまとめると
・アミノ酸シャンプーは洗浄成分がアミノ酸系である
・オーガニックシャンプーは含まれている成分がオーガニックな成分である

ですが、実際のところ日本では、

アミノ酸シャンプーとオーガニックシャンプーは
・アミノ酸シャンプーは洗浄成分がアミノ酸系以外の合成界面剤が含まれているシャンプーがほとんど
・オーガニックシャンプーはオーガニックな成分も含まれているシャンプーがほとんど

という悩ましい状況です。
アミノ酸シャンプーもオーガニックシャンプーも「名が対を示していない」状況といえます。

日本ではアミノ酸シャンプーは「アミノ酸っぽいシャンプー」、オーガニックシャンプーは「オーガニックっぽいシャンプー」として理解するのが一番だと思います。

結局髪に良いのはどのシャンプーなの?



上で見てきたように、アミノ酸シャンプーやオーガニックシャンプーとして売られている商品でも、その商品に刺激の強い成分が含まれていることはザラにあります。

結局、本当に髪に良いシャンプーを見つけるためには、シャンプーの配合成分をしっかりと確認し、髪によい成分だけを使ったものを選び取るしかありません。

以下では約60種類の人気シャンプーの全成分を鑑定し、徹底比較しました。理想のシャンプー選びにぜひ役立ててください。



シャンプーならアミノ酸シャンプーが一番いいわけ

オーガニックシャンプーはいいポリシーですが、まだまだ定義があいまいで配合成分の良し悪しもさまざまなのが現状です。なので、良いシャンプーを買う場合は、アミノ酸シャンプーであることが大前提で検討するのがいいと思います。 アミノ酸シャンプーがおすすめされている理由はズバリ髪や頭皮に優しいからです。 石鹸シャンプーも注目されていますが、それよりもはるかに髪や頭皮に低刺激なのがアミノ酸シャンプーなのです。

アミノ酸は、人間の体を構成している成分であるタンパク質の元となる物質、 つまり、体と同じ成分なのですから、数あるシャンプー剤の中で最も刺激が少ないのは当然ですね。

そもそも抜け毛や薄毛、ダメージヘアなどの原因は刺激の強すぎるシャンプー剤にあるのです。 洗浄成分に合成界面活性剤を使用しているものは、確かに洗浄力には大変優れていますが、 髪や頭皮への刺激がかなり強いところが問題なのです。

それに比べて、アミノ酸シャンプーは洗浄力の面では合成界面活性剤使用のものと比べると 弱いのですが、そのぶん、髪や頭皮に必要な皮脂をしっかりと残してくれるので 乾燥によるかゆみやフケなどのトラブルを抑えてくれるのです。

石鹸シャンプーも低刺激という面ではよいのですが、 石鹸自体が合成界面活性剤の1つに分類されるので、 低刺激とはいってもアミノ酸シャンプーにはかないません。

60種類の女性用アミノ酸シャンプーの全成分を鑑定しました。本当にいいアミノ酸シャンプーは?


シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係