トップページ >  アミノ酸シャンプーの評価方法 >  パラベンの配合量

アミノ酸シャンプーに強い防腐剤やパラベンが配合されているか確認する方法~無添加アミノ酸シャンプーって?

アミノ酸シャンプーにパラベンが含まれているかチェック!

パラベンとは、ヘアケア用品や化粧品の中の雑菌が増えないようするための「防腐剤」です。 "XXXパラベン"と記載されている成分で、メチルパラベン・エチルパラベン・プロピルパラベン・ベンジルパラベン等があります。

アミノ酸シャンプーに含まれている防腐剤をチェックしましょう。パラベンは雑菌を殺菌するバンド幅は大きいですが、比較的頭皮刺激性の強い成分です。 パラベンは、アレルギーなどが出る可能性のある物質として、厚生省が安全と認めてはいません。 一部の人には皮膚障害・接触皮膚炎・アレルギー湿疹を起こす原因になります。 また、紫外線によって肌にダメージを与える場合もあります。

ここまで書くと、パラベンは非常に怖いものだと思ってしまいますが、 近年、長年の開発によりパラベンの安全性は高くなっています。

パラベンはシリコンよりは意識したほうがいい成分です。 成分一覧をみて、順番が最初のほうにパラベンが書かれてないかをチェックしましょう。



アミノ酸シャンプーに含まれるパラベンの例

ブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベン、パラベン類各種



無添加アミノ酸シャンプーって?

添加物は人体に何らかの悪影響を及ぼすものとして指摘されており、配合されている場合には必ず成分を表記することが義務付けられています。 特に、防腐剤については、商品の消費期限を延ばすことから、ビジネス的には強い成分を使用されがちなのが現状です。

しかし、今日では、着色料、香料、保存料など、発がん性物質やアトピー性皮膚炎などとの関連性などが研究により数々発表されているため、厚生労働省の規制とともに、消費者自身も成分表をチェックして商品を見極める必要も出てきました。

無添加アミノ酸シャンプーはあるにはありますが、完全無添加なのか?ある程度無添加なのかの違いがありますが、 無添加アミノ酸シャンプーを選ぶには、以下のような指針がいいです。

  ・界面活性剤が低刺激(石油系など洗浄力がありすぎる合成活性剤は不使用)
  ・頭皮を覆うシリコンやポリマーがほとんど含まれていない
  ・髪のコンディションを保つ成分が多い
  ・無鉱物、無添加、パラベンフリー
  
実際に、成分をすべて確認するのはやはり相当の知識がないとできませんし、大変です。そういうときは、シャンプーの成分鑑定サイトをみるといいでしょう。 本サイトでも、強い防腐剤やパラベンのチェックはもちろんのこと、洗浄成分がいいか悪いか、ノンシリコンか、ヘアコンディション成分はどうなか、など含めて細かく成分鑑定をしています。

50種類の女性用アミノ酸シャンプーの全成分を鑑定しました。本当にいいアミノ酸シャンプーは?


シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係