トップページ >  アミノ酸シャンプーの評価方法 >  シリコンの配合量

アミノ酸シャンプーにシリコンが配合されているか確認する方法

アミノ酸シャンプーのノンシリコンはどこまでいい?

最近、CMでもよく耳にする「ノンシリコン」。 ほとんどのシャンプー剤やコンディショナーにはシリコンが配合されており、 これが洗い上がりの髪を油でコーティングするため 触った時に滑らかだったり、ツヤがでたりします。

シリコンは安全性が高いものではありますが、オイルやゴムやワックスに使われる高分子の化学合成物質であるので、 長く使い続けることで知らない間に髪や頭皮に蓄積されてしまいます。 また、毛穴を詰まらせることもあり、それが抜け毛や薄毛を招くこともあるようです。 さらに、髪や頭皮にシリコンが蓄積するとパーマ液やカラー剤が浸透しにくくなり、 パーマがかかりにくかったり、キレイにカラーが染まりにくかったりするのです。

そこで、注目されているのがノンシリコンです。 名前の通り、シリコン剤が使われていないため、 人工的なツヤやしなやかさではなく、髪本来が持つ美しさを取り戻すことができます。 頭皮や毛穴もキレイに保つことができるので、丈夫で健康な髪が育つというわけです。

そんなノンシリコンがさらに髪や頭皮に優しいアミノ酸シャンプーなら 洗浄力がマイルドなので脂分がほどよく残り、 それが髪をコーティングしてくれて、自然なツヤを引き出します。

ただし、アミノ酸シャンプー、ノンシリコンと謳っていても、アミノ酸の含有量が 極少量だったり、ノンシリコンといえども成分表にシリコン剤の名前があるものも 中にはあるのでよく成分を確かめる必要があります。

また、ちまたにいう"シリコンが悪い"というのは、少しいいすぎな面もあります。 少量少種のシリコンを使っている場合は、ほとんど悪影響がなく、 多量多種のシリコンを使っている場合は、悪影響が考慮する必要があります。 要は、ノンシリコンも使用されている程度が問題です。成分表記に注意するようにしましょう。

アミノ酸シャンプーにどのくらいシリコンが配合されているかチェック!

シャンプーはシリコンとノンシリコンに分かれます。 シリコンが髪によくないと考えられているのは、髪の表面に吸着してそれがはがれる時、キューティクル も一緒にはがしてしまうからです。

また、シャンプーの後にシリコンが髪に付着したままだと、カラーやパーマの 薬剤が髪に浸透しにくくなり、上手く染まらないというったこともあります。

アミノ酸シャンプーでは、ノンシリコンが絶対いいという定説がありますが、少し大げさなようです。これは程度の問題です。 しかし、最近では「シリコンは、いわれているほど髪や頭皮にそれほど悪影響をもたらさない」というのが大半の意見です。

アミノ酸シャンプーの成分をみて、多種多量のシリコンをつかっている場合は問題ですが、 1種類程度で少量のシリコン配合ならばほとんど問題ないといえるでしょう。 (当サイトでも、そのような立場をとって採点しています。)

シリコンは、多量はダメだけど、少量なら問題ないと考えるようにしましょう。
具体的には、成分一覧をみて、順番が後ろのほうで、1種類程度なら問題ない、と判断しましょう。



アミノ酸シャンプーに含まれるシリコンの例

シリコン油
ジメチコン
ジメチコノール
トリシロキサン
トリメチルシロキシケイ酸
ステアロキシトリメチルシラン
メチコン
カプリリルメチコン
ステアリルジメチコン
セチルジメチコン
フェニルジメチコン
(ジメチコン/ビニルメチコン)クロスポリマー
アルキル(CX-CXX)ジメチコン
ポリシリコーン~


揮発性シリコン
シクロメチコン
シクロテトラメチコン
シクロペンタメチコン
シクロヘキサメチコン


水溶性シリコン
ジメチコンコポリオール
PEG~ジメチコン
PEG~メチルエーテルジメチコン
PCA-Naメチルシラノール
PEG/PPG~ジメチコン
アミノプロピルジメチコン
アモジメチコン
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン
ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン
メチルシラノール乳酸
リシンシラントリオール



50種類の女性用アミノ酸シャンプーの全成分を鑑定しました。本当にいいアミノ酸シャンプーは?


シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係