トップページ >  アミノ酸シャンプーの評価方法 >  育毛成分が良いか

アミノ酸シャンプーに育毛栄養成分が配合されているか確認する方法

髪に栄養を与えたいならアミノ酸シャンプー

刺激の強い界面活性剤を使用したシャンプーは、ただ洗浄することだけを目的としているものが ほとんどですが、アミノ酸シャンプーは髪や頭皮に栄養を与えることができます。

頭皮や髪はタンパク質でできていることはよく知られていますが、 それがアミノ酸で構成されていることをご存知でしょうか。 ですから、アミノ酸シャンプーを使うことで同じ髪の成分であるアミノ酸を付与して 栄養補給を行うことができるのです。 特に傷んだキューティクルの補修にはアミノ酸が一番です。

さらに髪や頭皮に栄養を与えることを目的としているアミノ酸系の育毛シャンプーなら 、アミノ酸のほかにビタミン・ミネラル・ケラチン・ペプチドなどの成分を含んだ植物エキスを中心に、消炎・保湿・頭皮活性などの効能成分がたくさん配合されているアミノ酸シャンプーもあります。 これらのアミノ酸シャンプーの場合、頭皮や髪に栄養を与えるだけではなく、 細胞を活性化して、育毛効果が期待できるというわけです。

頭皮や髪に栄養が補給されると、頭皮環境が整いますので 髪にハリやコシが出てくるのです。 せっかく毎日シャンプーするのなら、髪や頭皮に優しく、 しかも栄養も補給してくれるアミノ酸シャンプーがおすすめです。

アミノ酸シャンプーの育毛成分の配合をチェック!

アミノ酸シャンプーに含まれる育毛成分は数多くあります。 アミノ酸シャンプーには、頭皮にいい育毛成分が多く含まれるようになりました。特に30代以降の女性用の場合は、育毛成分が多く含まれるほうがベターです。 シャンプーは頭皮を洗浄することが目的ですが、頭皮に触れる部分が大きいため、育毛成分が含まれていたほうが当然よいです。

汚れを落とした直後は、成分が浸透しやすい状態なのでなおさらといえます。
また、育毛成分といっても、効果は以下のように10種類も効能があります。

・脱毛の原因をブロックする成分
・頭皮の血行促進する成分
・細胞の活性化する成分
・ビタミン不足の補給する成分
・皮脂分泌抑制する成分
・脱毛抑制する成分
・乾燥したフケの角質軟化と水分保持する成分
・かゆみ予防する成分
・皮膚呼吸関連酵素の活性化する成分
・皮脂を栄養とする微生物の活動抑制する成分
・角質を膨潤させフケ予防する成分
・毛穴の酸化、活性酸素を抑制する成分

薬用として厚生省に認められている成分もあれば、慣習として育毛効果が認知されている成分や、各メーカーで開発した特許成分まで 育毛成分は幅広くあります。 かつては育毛剤にしか含まれていなかった育毛成分は、最近ではシャンプー、トリートメントにまで配合されるようになりました。

アミノ酸シャンプーに育毛成分が配合されるようになったのは、ここ数年でまだ新しいトレンドです。 以下に代表的な育毛成分を上げていますが、10種類の効能を満たすためには、できるだけ育毛成分の種類が豊富なものがよいでしょう。



アミノ酸シャンプーに含まれる育毛成分の例

アロエベラエキス、オドリコソウ花エキス、レモン果実エキス、大豆エキス、オタネニンジンエキス、グリチルリチン酸2K、クララエキス、セイヨウキズタエキス、ローズマリーエキス、カミツレエキス、セージ葉エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ヒノキチオール、ニンニクエキス、セイヨウオトギリソウエキス、サボンソウエキス、ホップエキス、ニンジンエキス、褐藻エキス、ホホバ種子油、水溶性コラーゲン、ローズヒップ、紫根エキス、パンテノール、イヌラクリスモイデエキス、アミノ酸各種、コムギ胚芽油、センチフォリアバラ花水、カルボキシメチルキチン、オタネニンジン根エキス、イラクサ葉エキス、イラクサ根エキス、ユッカグラウカ根エキス、ウミクロウメモドキ油、アロエベラエキス-1、ホホバ油、センブリエキス、オタネニンジンエキス、ローズマリーエキス、カミツレエキス、スギナエキス、チャエキス、アルテア根エキス、ヒキオコシエキス、水溶性コラーゲン、グリチルリチン酸2K、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、シラカバ樹皮エキス、ハトムギエキス、オレンジ油、レモン果皮油、オキナワモズクエキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、センブリエキス、アルニカ花エキス、カミツレ花エキス、ローマカミツレ花エキス、オタネニンジンエキス、グリチルリチン酸2K、ボタンエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ハマメリスエキス、ブドウ葉エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギクエキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、オウバクエキス、セイヨウオトギリソウエキス、トウキエキス、センブリエキス、アルニカ花エキス、ゴボウ根エキス、フユボダイジュ花エキス、ヒバマタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ラベンダー油、イランイラン油、カルボキシメチルキトサンサクシナミド、グリチルリチン酸2K、オオバナサルスベリエキス、クリサンテルムインディクム抽出液、ホウセンカエキス、オトギリソウエキス、オウバクエキス、グリチルリチン酸2K、ホウセンカエキス 、サリチル酸、紫蘭根エキス、ビワ葉エキス、ピロクトンオラミン、ホップエキス、アルニカ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、ニンニクエキス、ヒバマタエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、甘草エキス、オドリコソウ花エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、カミツレエキス、トウキンセンカ花エキス、メントール、オウバクエキス、アンペロプシスグロセデンタタ葉エキス、 など。





シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係