トップページ >  アミノ酸シャンプーの評価方法 >  アミノ酸の洗浄成分が良いか

アミノ酸の洗浄成分を良し悪しを見極める方法


アミノ酸シャンプーに含まれる「アミノ酸系の洗浄成分」というのは 次の3つに分けられます。

  メチルアラニン系
  ココイル系
  ベタイン系


アミノ酸シャンプーの良さは、「アミノ酸系の洗浄成分」の組み合わせでほぼ決まります。
アミノ酸シャンプーは、たしかに肌にやさしいですが、肌に優しくても洗浄効果が足りなすぎて、頭皮の汚れが落ちないものも多くあります。 ですから、アミノ酸シャンプーを選ぶときは、そのアミノ酸シャンプーがどの「アミノ酸系の洗浄成分」で組み合わせかとチェックしましょう。

メチルアラニン系
アミノ酸シャンプーでもっとも優れている成分は、「ラウロイルメチルアラニンNa」です。
一般的にアミノ酸系の洗浄成分は、頭皮に低刺激なのですが、デメリットとして洗浄効果も低いという特徴があります。

しかし、ラウロイルメチルアラニンNaは、肌に優しいのに洗浄力も高いというアミノ酸系成分では唯一優れた性質を持っているのです。 つまり「肌に優しいアミノ酸成分なのに、洗浄効果も高いのがメチルアラニン系のラウロイルメチルアラニンNa」だと考えてください。

ラウロイルメチルアラニンNaのデメリットは、成分価格が高いということです。 アミノ酸洗浄成分として、これだけに頼るとシャンプーの価格もバカ高くなってしまいます。
価格が高くならないように、「ラウロイルメチルアラニンNa」に、「ココイル系やベタイン系」のアミノ酸成分を追加しているアミノ酸シャンプーが理想の成分構成です。

また、アミノ酸シャンプーのアミノ酸洗浄成分として、稀に「メチルアラニン系」の役割として、「ラウロイルメチルアラニンNa」ではなく、 「ラウロイルアスパラギン酸」が使われる場合があります。

「ラウロイルアスパラギン酸」もアミノ酸洗浄成分です。 「ラウロイルアスパラギン酸」は、成分の特徴として、「ラウロイルメチルアラニンNa」と近い性質をもっています。

「ラウロイルメチルアラニンNa」と同様に、肌に優しいのに洗浄力も高く、泡立ちがよいので、稀にアミノ酸シャンプーの主役的役割で配合されることもあります。 「ラウロイルメチルアラニンNa」の代役的な成分として、「ラウロイルアスパラギン酸」を覚えておくとよいでしょう。


ココイル系
ココイル系アミノ酸成分というのは、成分の頭の名前に「ココイル~」とついている成分のことです。
アミノ酸成分なので、頭皮に優しいのですが、洗浄効果も低いのが特徴です。 ココイル系だけのアミノ酸シャンプーの場合は、洗い上がりに汚れがとれていない気分になります。

ココイル系は、泡立ちも少なく感触もさっぱりしている成分ですが、アミノ酸シャンプーの場合、そうならないものが多いです。 その理由として、ココイル系以外の気泡性や滑らかにする界面活性剤が含まれている場合は、 泡立ちや洗い上がりがそうならないからです。

ココイル系の成分は、非常に種類が多く、全ての種類が同様の性質をもつとは言い切れませんが、全体として上記の傾向があることを知っておくといいでしょう。


ベタイン系
ベタイン系アミノ酸成分というのは、成分の頭の名前に「~ベタイン」とついている成分のことです。 アミノ酸成分なので、頭皮に優しいのですが、洗浄効果も低いのが特徴です。 ココイル系と同様にベタイン系だけのアミノ酸シャンプーの場合は、洗い上がりに汚れがとれていない気分になります。

また、ココイル系はさっぱりした洗い上がりなのに対して、ベタイン系は、しっとりとした洗い上がりになります。 ベタイン系は、感触がしっとりしている成分ですが、やはり、アミノ酸シャンプーの場合、そうならないものが多いです。 ベタイン系以外にココイル系のほうが多く配合されている場合などは、洗い上がりはしっとりとはしません。 洗い上がり感や気泡性は追加配合でどうにでもコントロールできるので、アミノ酸系洗浄成分をみるときは、洗浄効果に注目しましょう。

ベタイン系の成分も、ココイル系よりは少ないですが種類が多く、全ての種類が同様の性質をもつとは言い切れませんが、全体として上記の傾向があることを知っておくといいです。



アミノ酸系洗浄系分の組み合わせの例

「肌に優しく、洗浄効果も高い」アミノ酸洗浄成分の組み合わせ
メチルアラニン+ココイル系
メチルアラニン+ベタイン系
メチルアラニン+ココイル・ベタイン系

「肌に優しいが、洗浄効果は高くない」アミノ酸洗浄成分の組み合わせ
ココイル系のみ
ベタイン系のみ
ココイル系+ベタイン系





シャンプーを成分分析!

多くの女性用アミノ酸シャンプーを成分分析しました!

アミノ酸シャンプーの評価方法

アミノ酸シャンプーの成分分析

アミノ酸シャンプーと髪の関係